仮説(仮称)

ファミコン画面の昔のホントの所

Twitterにて、
なんかしらんけど、マニアには有名な某ゲーム製作者が
「WiiUのバーチャルコンソールの画像がクッキリじゃなくてダメだ」
とツイートをしつこく繰り返してた事があって…

それを見かけた僕も

ま、別に彼ほど気にはならないけど
クッキリとボヤカしの切り替えくらいコンフィグであったら欲しいかなぁ

なんて思ってました。

その後、その彼はあまりに大人げなくそれをしつこくしつこく言っていたので
結局リムーブしましたが…(余談)


よくよく考えてみると、僕がファミコンで遊んでいた時代、
そんなクッキリ画面で遊んでいたかしら?

と「ふと」的に気づいたわけですな。

最初のファミコンってぇのは接続方法がRFスイッチというのを使います。
簡単にいやぁ、自分ちのTVの1チャンネルか2チャンネル、
地方によって番組が映らない方のチャンネルに
信号をアンテナ線から流し込んでジャックしてしまうわけですな。
RFスイッチってのはTVとアンテナの接続部分の所の間に噛ませるわけで
非常に原始的なものです。
当時のゲームマシンというのはだいたいこれでした。

これが相当デリケートだったんですよ。
ある年齢層の方でファミコンで遊んだ方は覚えてらっしゃると思いますが。
ノイズが入りやすい。
きちんと必要な画像データをTVに映すのは
結構な工夫がいりました。
RFスイッチの接続具合だけじゃなくて、
ファミコンに接続するコードの位置によって画面の具合が違ったりして。

大抵はちょっと「ザラザラ」したり、「縦線」が入っちゃったりしました。
たまたまでもピシっと綺麗に映る時は「おおっ」と思ったものです。
綺麗に映ったってなんか縞模様が出てたりしてた…

だから、あの当時でクッキリハッキリのファミコン画面、
というのは確実ではなかったと思います。

当時、アナログのコンポジット端子があった
ツインファミコンが憧れだったりしましたしね。
(と言ったって、コンポジットが刺さるTVもそんなになかった…)

そして、そういう環境でSS・PS・64時代までプレイしてた人もいるのですよ。
(それぞれRFスイッチがありました。)


ただ、今は昔、それを忘れてしまうんですよねぇ…


「僕たちが遊んでたファミコンはクッキリハッキリだった!」

みたいな思い込みは、業の深い事かもしれません…。
[PR]
# by ca_setsu | 2013-12-03 13:40

PS3版R-TYPE DIMENSIONSの今更感・ダメ感(追記・やや改題)

360でずーっと前に出ていたDLタイトル
『R-TYPE DIMENSIONS』が
こないだPS3で出ました。

んで、サッと両バージョンで遊び比べてみました。

<良い点>

・360版にないキーコンフィグを実装しました。
(これは良くなったというより360版がアレだった)

・難易度が下がったと思う。
連射ボタンのスピードも上がったっぽい。


<良くなったのかな?アレンジ点>


3D画面の時は、音楽もアレンジされたのが流れるようになりました。
ただ、元曲とテンポの同期がやや怪しい。

<良くない点>


・360版と違って「3Dの時のみ」処理落ちするようなところが結構あります。
こうなってしまうのは2Dと3Dが同期してなんぼの
本作コンセプトにそぐわないのでは。
(この程度で処理落ちするのってどうなの感もある)

・3Dから2Dに切り替える時、360版はヌルっと切り替わるのに、
PS3版では「ゴ、ゴ、ゴ、ゴワ」って感じで切り替わります。
(シーンによるところもありますが敵が多いと特にそうなるっぽい)
なんか妙にぎこちない。これが明らかな違いかな。
ここは「劣化」と言っていいでしょう。
(ただ、ここがスムーズなのが最大の売りのゲームだったはずなんだよね…)

・ゲーム本編が始まる前のロード時間がクソ長くなった。
(なんでだよ…!)




この作品は過去の名作シューティングR-TYPEが
元のドット絵バージョンとポリゴンバージョンが
自由自在にサクサク切り替えられて
「オー、なんかすげーこだわりの技術!」
と言われたものなんだけど、
残念ながらPS3版は半端な感じで仕上げてしまった感まるだしです。
アレンジ版音楽も余計っちゃ余計と思う人もいるでしょう。
切り替える度に音楽もぎこちないから。

こだわり屋さんのTOZAIGAMESらしくないですね。
360版持ってる人は千円出す価値はないかと。
なんでこんなの今更出したんだろう?
[PR]
# by ca_setsu | 2013-11-30 23:42

もらとりあむタマ子

ブログ『バーチャルコンソールクエスト』の なかじマダオさん
絶賛ドハマり中の映画「もらとりあむタマ子」というのがありまして、
エンタメ系でもなく、派手でもなく、全国(一部)上映という事のようでありまして、
今日、Twitterで「折角数少ない上映館の中、札幌上映中ですので観てください!」と
言われまして、ワタクシ、言われたその日に観てまいりました。

ユナイテットシネマ札幌が会員割引デーで
僕は会員じゃなかったけど500円で会員になってもちょっと安かったので、
ってのと、今後のヒマのなさを考えると瞬発力大事、という事で。

ただ、駅前通りからちょっと離れたサッポロファクトリーまでの道が寒くてね…
凍えました。札幌はもう冬ですね。

この映画、主演が「顔がセンター」等と言われてた元AKBの前田敦子が主演で、
お父さん役がどっかでみた役者さん康すおんさんであります。

まあ、前田敦子主演映画なんぞ「観たらいいですよ!」と言われなかったら
僕には縁がなかったでしょう。

ただ、脇役で我が敬愛なるMoonridersリーダーの鈴木慶一が出ております。
(ミュージシャンですが役者もやっております。)
ここに惹かれて観たいかなと思ったのも有ります。
よく考えたら、前田敦子と鈴木慶一、バンドのリーダーとそれに近いセンターという事で
妙なところに共通点がありますね。


ま、あらすじやら魅力やらの詳細はマダオさんのブログを見ていただきましょう。

本日観た僕はどうだったかといいいますと、
「観た後の不思議な感覚」が後を引き、噛みしめるとどんどん味が出てきた、のでした。

無職娘タマ子はもう冴えんのであります。
比較的に観ても焦りの薄いニーティングライフ。
そして、お父さんはちゃんと仕事して、
娘のためにも飯を作ってやったり家事をしてやったりしてるのですが
やっぱり男親としての娘への甘さが見える。冴えん。
プラスその取り巻く物事の、しつこいくらいの「生々しい日常」を映しているのですね。
でも、季節が巡って、変化があって…季節が一巡りし切ると「バツン!」と映画が終わる。

正直、面白楽しい映画ではありません。劇的なドラマだって無い。
でも、ドラマはあるのです。人生の変化はドラマだよね、と。

タマ子の「もらとりあむ」はすごくシンパシーを感じました。
大学出て、仕事辞めて、無職の時、
俺もあれほどじゃないけど、もうなんかぼんやりでした。
でも、好きでぼんやりでもなく、かと言って、
具体的にバリバリ働いている俺も想像できない。
夢見がちになってる部分もあったりして、それが無様だったりする…。
はよ就職しろと言う親にその苛立ちをぶつけたりしましたよ。

(※追記:あと、久々に友達と会いたくない話したくない感が超解る…!)

「あるある映画」じゃないんですけど、あるわぁあるわぁ、って。

お父さんの男としての気持ちも結構わかりましたね。
俺、お父さんじゃないけど、やっぱり男として娘が可愛いのは
姪が可愛い感じにちょっと近いのだろうなと思ったので。
お父さん、タマ子がほんと可愛いんだろうね。
あーだこーだ世話を焼いてもさ、っていう。
で、お父さんも最後の方で「お父さん自身の自立」を迫られたんだと思う。


タマ子の飯の食い方については、
マダオさんのブログでも触れられてますけど、
むっしゃっ、むっしゃっ、って感じで、放り込むような、むさぼるような感じでした。
食ってるものはわりと野菜とか多いけどとにかくモリモリ食う。
あの食い方のリアリティというか、食い方が人物を現す、って感じ。

ちなみに、お父さんの方はちょっとクチャクチャ気味で
それもまた状況を表わしてるのかな?とも思わなんでもないです。


撮り方といい、センスといい、映画ならではの映像作品でありました
そして、前田敦子の演技(入り込み)が良いんだなぁと見直しました。
「アイドル、向いてなかったんじゃない?」って
いろいろな意味で画面の彼女に声をかけそうになりました。

観る機会があるなら、どうぞ観てみてください。


セルディスクが出たら僕は買うと思います。
[PR]
# by ca_setsu | 2013-11-29 23:34

再度ブログ

「弱いなアタシって…」みたいなセリフが似合う今日このごろ。

Twitter観るのもしんどいのでブログを再開してしまおうかと。
毎日とは言わないけど、気まぐれな更新をしますわ。

日々つまらない。日々孤独であり。
この壁を超えなければならない。


生きる強さを。死なない弱さを。
[PR]
# by ca_setsu | 2013-11-16 22:46

よいこのエセ市場論(ジョジョASB編)その1

ゲームソフトの値段が一週間もせずに急落するというトピックがあって
「クソゲーだからざまあwww」
みたいな煽りになってたりしますが…

僕はそういう考えは面白くないのです。

今後のためにも簡単に、
PS3ソフト"ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル”を例に
「ゲームソフトに働く市場原理は今どうなっているであるか」
という考察が平易な形で面白くなるかやってみます。



まず、ここで切り取って考えるのが「適正価格」です。

市場経済において適正価格というのは重要です。
需要と供給のバランスに拠って、価格というのは変動します。
シンプルに言いますと、

・たくさん売っていて、たくさん欲しい人が居る→X円

で、X円が標準としますと、

・たくさん売っていて、欲しい人が少ない→売れ残りを嫌い、X円より安くなる。

・あまり売っていなくて、欲しい人が多い→希少価値が付き、X円より高くなる。

となります。この値段の上下は
「市場において適正価格になる力が作用」しています。
当たり前かもしれませんが、
自由な経済市場においてはこういうのが原則として大事です。

※ちなみに、この力を経済学では「(神の)見えざる手」とか言いますが、
 覚えなくていいです。

ところが、
家庭用ゲーム機のゲームソフトのメーカーからの販売(無論、新品ですね)というのは
基本的にメーカー希望小売価格であり、
配慮はなされていても基本「言い値」です。
その言い値に割引をしたりしなかったりして小売が売っているのが一般的.
特に発売して数週間のうちは、どれも一定割引で売られてます。
そうしないと小売が一定の純利益を上げられないわけです。

※純利益=「値段-(元値+それに割かれているお店を経営していくお金)」で儲かるお金

本当はずっと新品ソフトの値引き率を下げたくないのが小売店の本心ですが、
これが変動する時が来ます。

理由のパターンとしては、

A)「ずっと売れない時」
お店が在庫を管理しているだけもお金がかかリ続けるので、
ある程度損しても無くしたい。

A’)「多少売れてないものを目玉商品にしたい時」
目玉商品とはお客さんを呼ぶために安くするものです。

B)「中古価格との大きなギャップが生まれた時」
新品が売れなくなるのを防ぎたいと
お店が判断した場合、しかたなく下げます。

現在、ダウンロード版以外のコンシューマゲームソフトは
中古販売を容認しているのでBがあります。

今回、ジョジョの値段が下がっているというのはBの理由、
と考えるのが妥当でしょう。

しかし、どうもこれは少し単純ではないようです。

(つづく)
[PR]
# by ca_setsu | 2013-09-05 23:59



ブログ。
最新の記事
お前、セガの何知ってんねん
at 2014-01-22 20:36
レトロゲームはいつからありが..
at 2014-01-17 14:00
Twitterやめてみたら
at 2014-01-15 01:13
世ズレたクリエイター様に告ぐ。
at 2014-01-14 00:31
「かぐや姫の物語」を観た
at 2013-12-11 23:26
以前の記事
外部リンク
ブログパーツ
その他のジャンル